Ver 1 Fun of air cooling twin cylinder engine







にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

2010年5月19日水曜日

異次元空間の扉。






タイトルがこれまたややこしい表現力を引用しておりますが、
身体能力をはるかに超えた次元での加速力や無重力感を連続的に味わうバイクの世界。
環境的にも雨や気温や天候に大きく気分を左右され、
路面に接しているタイヤの接点面積は極端な話し約玉子2個分くらいの小さな面積です。
適切なギアを選択させるためには左手で微妙なクラッチを先ず先に握りながら操作をし
連動して左足の爪先でギアチェンジペダルを速やかに上げたり下げたりと、
考えるだけでも面倒臭いシフトチェンジを頻繁に繰り返さなければなりません。

右手の筒を軽く廻すだけで取り回されたワイヤーが作動して
燃焼室に送られる空気の量とガソリン燃料の量をこれにより微調整致します。
ハンドルは重心に従って遠心力に合わせて操作します。右に曲がる場合は右へ、
左に曲がる場合も同じく左へ操作ツマミを傾けて後者に曲がる方向性を予め指示します。
深く考えるとバイクの運転をするというのは結構面倒臭く、
遠回しでしかも間接的。色々と面倒な操作方法を先に理解しなくてなりません。
どうやらゴチャゴチャとルールが厳しく想像以上に大変である事に気が付かされます。


画像が満タンになりつつあります。
こちらの方に順次切り替え中です。




にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

「空冷2気筒エンジンの面白さ」

いつもいつも「空冷2気筒エンジンの面白さ」
ご覧頂き本当に有り難うございます。
マイペースでのんびりと無理をしない程度に頑張ります。
面白かった時だけクリックをお願い致します。
つまらない時はスルーでも構いません。
これからも宜しくお願い致します。


加古 俊文



1 件のコメント:

VERYGOOD124 さんのコメント...

chizimi さん,こんにちは。

普通にコメント出来ると思いますが?
何か機械上のエラーが起きているのかも知れません。
記事に対しての感想や流れに沿ったコメントであれば、
何も問題なく大丈夫かと思います。
それ以外の内容であればグーグルブログ管理者様に、
お問い合わせいただけると助かります。

加古。